投資と消費と資本カテゴリの記事一覧

投資と消費と資本の関係

次の場合を考える。

(消費)はじめA氏が100円を持っている。

B氏がA氏から100円を借り、B氏から受注したC氏が生産した100円分の消費財を買い消費する。一連の活動が終了した後は、A氏の100円の債権、B氏の100円の債務、C氏の100円の現金で、経済全体の純財産は債権と債務を相殺したのち差し引き100円となり、当初A氏が一人で持っていた経済の全財産100円と変わらない。

(投資)はじめA氏が100円を持っている。

B氏がA氏から100円を借り、B氏から受注したC氏が生産した100円分の投資財(工場・機械とする)を買い投資する。一連の活動が終了した後は、A氏の100円の債権、B氏の100円の債務と100円の工場・機械、C氏の100円の現金で、経済全体の純財産は債権と債務を相殺したのち差し引き200円で、当初A氏が一人で持っていた財産に投資した100円分がプラスされる。

このように、投資活動は等量の貨幣が循環する中でも、取引量を増加させるだけでなく、経済に対して資本蓄積をし財を増やす。当初原野であった土地に、耕作地が出来、都市が出来、道路が出来るのはこれらの投資活動の結果である。

また、この投資は消費を抑え貯蓄したということでもあり、経済全体の貯蓄はそういう意味で重要である。


投資と利子率一般には、利子率(金利)が低下すると投資は拡大する。利子率の低下により低コストで資金を調達して、収益率(投資の限界効率)が低い投資を行っても採算が合うからである。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。